貰う時にやっておく事

親というのは、自分の子供の為に遺産を残したいと考えてしまうものです。なので、現金といった物を残しておく人が多いですが、子供達に相続をするとなった時、何もしない状態でいるとトラブルが起きてしまう可能性があります。
すると、家族内で喧嘩をしてしまい険悪なムードが流れてしまいます。

このような状態はいけないという事もあり、前もってどこかに行って相談をした方がいいのですが、相続の事なんて全く分からない人からしたらどこに相談をすればいいのかなんて分からないでしょう。
そういう時は、司法書士の元へ行って相談をした方がいいです。

しかし、司法書士と聞くと「主に不動産関係の事について話をする場所なのではないか。」と疑問に感じてしまう人が多いです。
確かに司法書士は不動産関係の仕事をする職業となっているのですが、ちゃんと相続の相談にものってくれます。

なので安心して相談をする事が出来るのですが、「司法書士に相談をしなくても、遺言書を書けばいいのではないか。」と考えてしまう人が多いです。
確かに、遺言書というのはちゃんとその人の言葉となっているのでそれを子供達を含めた関係者が見れば揉める事がないように感じます。しかし、遺言書にも書き方というものがあります。
もし、ちゃんとした書き方をしていないとその遺言書は無効となってしまい意味を持たなくなってしまいます。
遺言書の基本として直筆で描く事が大事になってくるのですが、その他にも決まりというものがあります。しかし、どのように書けばいいのか分からないという人もいるでしょう。実は、司法書士でも書き方を教えてくれます。なので、遺言書についても心配する必要はありません。

このように沢山する事になる相続ですが、相続をするとなると出来る物といったら現金といったプラスになるものだけ相続するイメージがあるでしょう。しかし、借金といったマイナスとなる物も相続しなくてはいけなくなります。
一体どういう事なのかというと、説明は後ほど詳しくしていきます。

オススメ情報

相続のことで相談したいことがあれば東京のこちらにお任せください。|あきはばら相続税申告相談室
相続のお悩みなら大阪のこちらで解決させていただきます。|ウイズユー司法書士事務所
相続問題は横浜にある専門家にお任せしましょう|ことぶき法律事務所
千葉で親身な対応で相続問題を考えてくれるのはコチラ|司法書士法人ふらっと
相続税の計算や相談などは、相談専門サイトへ!相続問題でお悩みなら【スマート相続】

カレンダー
2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー